(地獄の)親子の中学受験

サラリーマンの極意。(* ̄∇ ̄*)

この前、豆太を迎えにいくと。

肩を落としていた。

一目でテストが良くなかったんだろうなと思った。

私の顔を見たとたん、

「ぼく5○点とっちゃった。( ´△`)」

と言った。

普段、点数のことで強く怒ったりはしてないはずなのに

私の顔色を伺う様子はいたずらを怒られる3才児のよう。

「そう、基礎力定着テストだよね?

うっかりいっぱいして時間がなくなったんだね。」

わたしもがっかりした様子で応じてみた。

「おうちでご飯食べて、一緒に良くなかったところ、

考えてみよう。」

豆太の成績は一進一退だ。

「ところで、国語のデイリーチェックはどうだったの?」

これだけ落ち込んでるだから、

さぞ、悪い点数だろうと予測していた。

ところが、、顔が突然明るくなった。

「クラスでいちばんいい点だったんだ。(^o^)v」


帰宅道中、豆太に説明。

いいことを報告してから、

コソッと悪いことを伝えるのが世の中のキホンだということを。

いいことを先に言うのがサラリーマン。

悪いことをコソッと後付けするのがサラリーマン。

豆太はこの日、サラリーマンの極意を学んだ。(* ̄∇ ̄*)



by nyangororin | 2017-03-05 00:35 | 5年生

2019 中学受験に向けた覚書。のんびり豆太。がんばれ豆太。
by nyangororin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな