(地獄の)親子の中学受験

豆太、大人になる!?(・_・;?

豆太がのんびりお風呂にはいっていました。

豆太はのんびりなので、日常なのですが、

なんとなく気になったので、風呂のドアを「ばあっ!」と言いながら開けてみた。

豆太、湯船に顔をうずめてぶくぶくしてます。

顔をあげ、母の方をみやり、言った言葉。

「ぼく、今のままじゃ行ける学校ないよね?」

母の心の声。

「もしかして泣いてた?」

瞬時に考えた。気休めをいうべきか。現実を伝えるべきか。

「もちろん、ないよね。テストで成績とれなかったら、どこも入れてくれないよ。」

現実を伝えた。

「もっと、本気になってよ。

 成績を何とかしたいなら、

 あれも復習したい。

 これもやりたい。

 それもやっておきたい。

 とか、出てくるはずだよね?

 ママになにやる?

 やったらいい?
 
 って聞きながら、他人事みたいに勉強してたら、

 成績絶対上がらないよ。」

 だめ押しして、現実を訴える冷静母。

 わたしの言葉に、豆太は言った。

「ぼく、このままじゃヤダ。

 ちゃんとやる。

 次はぜったいがんばる」

さて、この言葉はその場しのぎなのでしょうか。

本気なのでしょうか。

わたしにはわかりません

でも、これからの豆太に期待をしてみようと思います。



↓よろしければ、クリックお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]
by nyangororin | 2017-03-17 14:36 | 5年生

2019 中学受験に向けた覚書。のんびり豆太。がんばれ豆太。
by nyangororin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
2年生(粒太)
入塾前
4年生
5年生
体調管理
母のサポート
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな